• Industry Partner
    www.biomass.org.my/
  • Industry Partner
    www.jpa.gr.jp
  • Industry Partner
    http://www.bpa.or.jp/
  • Platinum Sponsor
    www.cmtevents.com/eventsponsorship.aspx?ev=180501&
  • Corporate Sponsor
    www.renovainc.jp/en
  • Corporate Sponsors
  • Corporate Sponsor
    www.cmtevents.com/eventsponsorship.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    http://www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    http://www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&
  • Exhibitor
    http://www.cmtevents.com/eventexhibition.aspx?ev=180501&

9th Biomass Pellets Trade & Power

第9回 バイオマス・ペレット会議 ~貿易と発電~

14-17 May, 2018 - Tokyo

Tokyo Marriott Hotel

PLEASE CLICK HERE to view upcoming event. Information here is outdated
News Feed

東京で開催されるバイオマス産業ナンバーワンイベントの焦点は北アジアの巨大なバイオマス発電市場

Posted on : 10 Apr, 2018

 
Centre for Management Technology(CMT)の第9回バイオマス・ペレット会議~貿易と発電~(Biomass Pellets Trade & Power summit)は5月14~17日に東京で再び開催される。会議では、日本と韓国のバイオマスプロジェクト、世界的なペレット取引に関する強力なプレゼンテーション、およびUREバイオマス発電所の視察訪問が行われる。
 
Poyry、Indufor、J.Lauritzen、Renewable Energy Institute、Pinnacle Renewable Energy、Ata Marie、Korea Ratings、RFP Groupによって掘り下げられた「Biomass Sourcing Strategies in Current Challenging Market(現在の厳しい市場におけるバイオマスソーシング戦略)」をテーマとしたワークショップで開幕するこの2018年サミットは、バイオマスバイヤーおよびサプライヤーが再度集結しビジネスの見通しを話し合う重要な会議である。
 
バイオマス発電事業者協会(Japan Biomass Power Association)は現在のFIT(固定価格買取制度)政策変更を受け、日本のバイオマス発電(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=180501&pu=274484 )および輸入見通しの最新情報について講演する予定だ。企業スポンサーとなっている住友商事、レノバはそれぞれ、「Meeting Japan's Need for Biomass (wood pellet, PKS, wood chips)(日本のバイオマス(木質ペレット、PKS(パームヤシ殻)、ウッドチップ)のニーズに応じる)」および「Competitiveness of IPP Biomass Power Generation in Japan(日本におけるIPPバイオマス発電の競合性について)」と題してプレゼンテーションを行う。さらに日本製紙は同社のバイオマス・ベースの発電事業について共有し、NYKバルク・プロジェクトは日本向け木質ペレットおよびPKSの船舶輸送・物流面での懸念を分析する。
 
プラチナスポンサーであるWood Pellet Association of Canada(WPAC)は今年のサミットでの交流会主催に加え、「Will Canadian Wood Pellet Exporters Abandon Europe in favour of Asia? (カナダの木質ペレット輸出業者はヨーロッパを断念しアジアへ転じるのか?)」との重要問題に関し講演を行う。
 
バイオマスエネルギーを生産するHanwha Energyは韓国のIPP・混合燃焼プロジェクト(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=180501&pu=274484 )、木質ペレットの容量および輸入条件に関する情報をシェアする。
 
サミットでは以下の項目も議論される:
•台湾のバイオマス発電開発-Prime Oil Chemical Service Corporation
•アジア及びヨーロッパでの木質ペレットスポット市場の発展-Voyage Power
•バイオマスサプライ市場がどのようにグローバル化しているのか、また、それはアジア・ヨーロッパの木質ペレットバイヤーにとって何を意味するのか-RWE Supply & Trading
•港を通して木質ペレットを取り扱うことについての考察-Fibreco Export
•自由競争の環境で持続可能なバイオマス資源の(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=180501&pu=274484 )発見に関する課題と解決策-Indufor
•パーム油バイオマスの持続可能性の構築について-富士経済
•タイからのバガス(サトウキビかす)ペレット-MitrPhol Sugar
 
メインサミットの締めくくりは、CellMark、Enviva、Russia Forest Products (RFP) Groupからのパネリストによる「Global Supply to North Asia(北アジアへのグローバル供給)」に関するパネル討議である。その後、UREバイオマス発電所への視察訪問で4日間のサミットは終了する。
 
会議はCentre for Management Technology(CMT)が主催、Envivaが企業スポンサーとして参加。KAHL、Airex Energy、CPM Global Biomass Group、Control Union, Valmetが出展する。
 
詳細は会議のウェブサイト(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=180501&pu=274484 )を参照、もしくはMs. Huiyan +65-63469113に電話でお問い合わせを。


PROMOTION PARTNERS

How Much?

Who Should Attend?

Wood Pellets & Wood Chips Producers & Traders, Palm Oil & Sugar Mill Owners, Aggregators & Marketers for Agricultural Residues (PKS, EFB, Sugar Bagasse, Rice Husk), Power Utilities, IPP, Industrial Power & CHP Plants, Agriculture, Forestry, Plantation Companies, Commodity Brokers & Analysts, Wood Processing, Shipping & Brokers (DryBulk), Government / Regulators, Pulp & Paper, Pelletizing Equipment / Technology Companies, Trade / Project Financers, Emission / CDM Traders, Environmental Engineers

share this page on
RELATED EVENTS